過払い金請求には時効があります

  • 過払い金とはどのようなものか

    • 過払い金とは、キャッシングなどの返済で正規の金利を超えて払い過ぎたお金のことです。



      一見すると法外な金利による貸し付けなので闇金融のような違法業者に見えますが、以前は法律によって上限金利の定めが異なっていたため、正規の金融業者でもこのような金利が適用されていました。



      利息制限法では金利の上限は借り入れ額によって15%〜20%までになっていますが、以前の出資法では29.2%が上限になっていました。
      この2つの法律では、出資法は違反した場合に刑法による罰則があるのに対し、利息制限法は超過分が無効になるだけでした。



      また、これについても条件を満たしていれば返還しなくて良いみなし弁済という制度があったため、この2つの間の金利を適用する消費者金融が多く存在しました。これをグレーゾーン金利と呼び、超過したお金を過払い金と呼びます。



      現在は法改正によって金利の上限は20%になっており、グレーゾーン金利は存在しなくなっています。



      また、過払い金に関しても、ほとんどの場合、みなし弁済が認められず、返還請求によって取り返すことができます。



      過払い金返還請求を行う場合、どの程度の金額であるのか把握しておかなければなりません。



      実際には現在の借り入れを上回る金額があるにもかかわらず、返還せずに相殺だけで終わりにしようとするケースがあります。
      また、訴訟になった場合、個人で対応すると手間や時間がかかり、返還額も少なくなってしまうため、過払い金の金額が多い場合には専門家に依頼した方が多くのお金を取り返せます。



  • 関連リンク

    • 過払い金は取引していた年数などによっては、かなりまとまった金額が返還されるものです。本人にとっては「ちょっとした臨時収入」といった気持ちになります。...

    • 普段からカードローンやクレジットカードでお金を借りている方は、以前利用した借入れに過払い金が発生しているのか気になるのではないでしょうか。利息制限法の金利上限は、10万円未満の元本で年20%、100万円未満では年18%、100万円以上では年15%と定められています。...