過払い金請求には時効があります

  • 過払い金返還請求はいつまで可能か

    • 過払い金返還請求権は、貸金業者が採用していた利息制限法の上限を超える金利が、みなし弁済によるものと認められていた時代に借金をし、返済し、完済した人であれば、大なり小なり必ずといっていいほど発生しています。返済期間が長ければ長いほど、期待できる金額は大きくなります。



      しかしいつまででも請求できるということではなく、ちゃんと時効もあります。



      完済した日より10年経てば時効が成立します。



      過払い金返還請求が注目されるようになったのは平成16年ごろですから、その年に完済した人にとっては、すでに10年は近づいています。



      10年を超えれば請求は出来なくなりますので、請求してみようかと考えている人は、急いだ方が良いでしょう。



      また急ぐ理由は、時効だけではありません。

      請求される貸金業者の側も、返還請求を起こされ、資力も落ちています。



      だんだんと変換される金額も少なくなりつつあります。
      また、破綻してしまえば、返還されなくなる心配も生じます。

      今、弁護士や司法書士は成功報酬という形で過払い金返還請求を請け負うところがほとんどですが、それは返還が期待できる貸金業者に限ったことで、もし返還されない可能背も大いにあるような貸金業者を相手取る時には、成功報酬という形では依頼を受けないものです。



      時間が経てば経つほど、過払い金返還請求を取り巻く状況は悪くなります。

      なるべく早く決断し、着手する方が得策です。


      時効になってしまったり、相手が破たんしてからでは、請求を選択することすらできません。



  • 関連リンク

    • 過払い金は取引していた年数などによっては、かなりまとまった金額が返還されるものです。本人にとっては「ちょっとした臨時収入」といった気持ちになります。...

    • 過払い金とは、キャッシングなどの返済で正規の金利を超えて払い過ぎたお金のことです。一見すると法外な金利による貸し付けなので闇金融のような違法業者に見えますが、以前は法律によって上限金利の定めが異なっていたため、正規の金融業者でもこのような金利が適用されていました。...